比較が重要 | キャリアアップの為に、転職を考えてみよう

キャリアアップの為に、転職を考えてみよう

比較が重要

薬剤師と看護師の違い

薬剤師は人間の健康や生死に関わる事ができる、高貴な仕事です。特に近年では病院に行かずドラッグストアの薬を購入して病態を治そうとする方も増えていますから、そうした方々にとって薬の話を聞く事ができる薬剤師は頼りになる存在なのです。 薬剤師以外に患者様の健康に関わる仕事をする場合、医師や看護師になると言う手があります。特に看護師は患者様に健康指導や薬の服用指導を行なう事もありますので、薬剤師に近しい役割を求められる仕事であると言えます。 一方看護師では薬を処方したり、販売する事はできませんので、両者の専門領域は全く異なります。もちろん看護師はドラッグストアに勤務する事はできません。 「薬」と言う一品を通して患者様の健康に貢献したい場合、薬剤師を目指しましょう。 薬剤師は様々な場所で求人されていますので、就職先に困る事もありません。

年収で比べたい求人情報

薬剤師として労働する事を考える場合、病院から調剤薬局まで様々な勤務地を視野に入れる事ができます。 一方、求人情報を探す上で考えたいのが賃金の問題です。勤務先によってお給料にも差がありますので良く考えて求人情報に応募しましょう。 近年、都会から田舎まで大手ドラッグストアがチェーン展開しています。ドラッグストアに薬剤師として勤務する場合、初年度の年収は350万円〜450万円を見込む事ができると言われています。 一方、調剤薬局に勤務した場合、同じく初年度の年収は300万円〜400万円であると言われています。ドラッグストアの方が相場は少々高い事が分かります。 求人情報は年収と労働時間、そして勤務内容を良く調べた上で応募するようにしましょう。