キャリアアップの為に、転職を考えてみよう

求人広告の増加

今後の転職市場について触れていきたいと思います。現在の市場はどちらかというと、全体的に売り手市場の状況です。業界でいえば、電気、機械などの求人の数は非常に伸びています。さらに、近年伸びを見せていなかった化学業界も、ついに募集の数が大幅に増加しました。製造業界全体が非常に売り手市場になっている証拠です。こうした状況はいつまで続くのか、それとも止まってしまうのか、非常に気になるところです。結論から言うと、今後も継続する見込みです。やはりアベノミクス効果が大きく、今後組織の中核を担うような存在をどこの企業も求めています。したがって、募集の数は変わらないという見込みが一般的ですので、転職者には非常にチャンスです。

現在の転職市場を見ると、売り手市場なので楽観視してしまいがちですが、注意も必要っです。それというのも、採用者数と求人数を統計的に見るとそこには楽観視できない面もあるのです。これまでは、採用者数と募集人数の差はそこまで大きくなかったのに比して、現在は大きな開きがあるのです。つまり、募集の数は大幅に増加しましたが、実際に採用されている人数はそこまで多くないのです。この要因としては、企業は採用基準を高めに設定しているからです。組織の中核を担う人材を求めているわけですから、企業としても採用には慎重にならざるを得ないというのが企業の本音でしょう。転職者が企業にとって必要な人材になるには情報収集が重要です。そこで、人材会社に登録して転職活動することも大切になってきます。人材会社には、転職支援サービスを無料で提供しているところが多いのです。そうした企業を有効活用することをお勧めします。